講師が活躍する進学塾の仕事

講義以外の仕事

進学塾での仕事は、指導だけではありません。進学塾の経営にもかかわる部分がいくつも存在するからです。運営も大事な内容であり、電話の対応や保護者対応も大事な職務になってくるでしょう。さらに、入塾したいという希望者を募ることも必要になってきます。

経営上、希望者がいなければ、いくら講師がいても商売にはならないからです。中にはポスティングを講師が時間の余っているときにおこなうところも珍しくありません。保護者は生徒本人とは違ったニーズを持っていることがほとんどです。話をしっかりと聞きながら、いったいどんな方向性を持っているのか、その方向と目標が一致するかどうかも講師が説明していくことになるでしょう。

特に規模の小さいところでは、さまざまな仕事をしていくことになります。事務員まで兼任することもあります。掲示物や配布物も講師が作っていることも多く、PCスキルが高いことは、メリットになってくるでしょう。印刷機器などは伝統的にさまざまなものを持っていることは珍しくないため、うまく活用して多くのものを作り出します。授業にも活用することにつながるため、仕事としてかなりの時間を費やすことにもなってくるのです。講義以外にも、かなり多くの仕事をしていかなければいけません。